オーナー視点の注文住宅おすすめ情報

工務店で新築注文住宅(マイホーム)を建てる上20社以上のハウスメーカー、工務店を見て回ったり、100時間以上かけて学んだ建築知識や体験談を綴るブログ

タマホーム ハウスメーカー回想録その8

ハウスメーカー回想録ということで、話を聴いたハウスメーカー工務店のすべての会社の資料を取っていたり、メモを取っているわけではですが、覚えている限りのハウスメーカー工務店を見て回った回想録を書いていきます。
※すべて私の独断と偏見です。

今回は、

タマホーム さんについて

www.tamahome.jp

【特長】

耐震性能と価格

長期優良住宅と耐震等級3を標準使用にしていて、土台に桧を使っいて、価格が本体工事費で坪単価40万~50万円程度で建てられることは大きな特徴だと思います。
というかここの一点突破です。

営業のレスポンス

営業さんのレスポンスは比較的早いと思いました。
2回目の打ち合わせでは、間取り案概算見積もりに加えてイメージパースまで用意をしていたので他のハウスメーカーと比べて比較的早い対応をしていただけていた印象でした。

【感想】

①安心して施工を依頼するほどの信頼感を持てなかった

正直ネットベースでの情報ですが、タマホームでの施工事例を調べると、あまり施工管理が行き届いていない事例が多くみられ、正直一生に一度の買い物を依頼するほどの安心感をもって、大安心の家を注文することはできませんでした。

ネットの情報に踊らされているのかもしれませんが、それが正直な感想です。

ネットの情報だけではなく、丁寧な施工の一つの目安になるC値を聞いたところ、1.5以上であり、機密施工をしたり、機密測定をすることは可能なのかを確認したところ、そういったことはあまり行っていないという回答があり、施工についての技術レベルはあまり期待できないと判断しました。

とはいえ、価格の安さは魅力的なので、施工状況を途中でチェックするインスペクションサービス(第三者評価サービス)を併用してタマホームで建てるという選択肢も検討したのですが「それくらいの信頼度しか持てていないハウスメーカーに一生に一度の家づくりを任せるのか?」という自問自答の末、その選択肢は選ばないことにしました。

②春先に完成見学会に行った際の感想

春先でまだ気温は20度前後といった気候の日だったと思いますが、完成してすでに住んでいるオーナーさんのご自宅を見学させていただきに行きました。

正直、春先なのに床が冷たくて寒いと感じました。
この原体験があったので、逆に私は高気密高断熱の家づくりをすることの決心が固まったのだと思います。
そういう意味ではタマホームさんや見学させていただいた施主の方には感謝しておりますが、機密、断熱、施工品質や信頼性の観点から、私の場合はタマホームさんを選ぶことはありませんでした。

【総評】

やはり価格の安さが魅力的のため、そこそこの性能でいいので、構造はしっかりとしている家を建てたいという方にとってはよい選択になるかもしれません。

ただし、断熱と機密性能についてはあまり期待できないので30年以上その家に住み続ける、例えば50年はその家に住み続けたいと考える場合は、壁内結露で構造が傷んでしまう可能性や、高齢になった際に部屋ごとの温度差による健康リスクについては考えたうえで選択されることをお勧めいたします。


ではでは今回はこの辺で。
ハウスメーカー工務店選びの参考になりましたら幸いです。